雑記

ブログに何を書いたら良いかわからない病

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは。きよたま(@fp_kiyotama)です。

ここしばらく色々とブログに載せたい記事をため込んでいるのですがなんでだろう、どれも公開する気力がない・・・。

熱意がないというか。わくわくしない。

 

そう、わくわくしない!これが一番の問題点だ。

このブログって主に手帳のこととかノートのこととかを中心に書いているのですが、それをルールとして決めてたわけではなくて結果的にそうゆう記事が多かったってだけなんだけどね。ちびちびとそれ系の記事が溜まってくると、それ以外には書いてはいけないような気がしてきてしまうから不思議。自分のブログなのだから、何を書いてもホントは良いはず。

とはいっても、日記を書いてもしょうがないのでそうゆうのは書く気ないですが。

 

毎日わくわくしていたい

最初はわくわくして始めたブログなのに時々‘何を書いたらいいのかわからない病’を患ってなかなか書けなくなる。

なかなかブログを書けなくて悶々としてるとそれはそれで「今日も書けなかった・・・」とどんよりする。

 

いつの間にか、わくわくじゃなく「~するべき」って頭の中で変換されてた。

 

普段の生活もそう。もう30代だし少しは落ち着くべき、とか。

会社辞めたら生活できないから嫌だけど辞めないで頑張るべき、とか。

 

自分で道を選んで生きているつもりでも、無意識に世間とか親とかの常識の方にはめてどちらが選ぶべき道かを見定めているだけで、それは●×ゲームのようなもの。自分で「選んだ」道ではないんですよね。

そんな生活に慣れてしまっているから自分で始めたことでもいつも間にか「~するべき」の道を進んでしまうんだよなぁ。

 

自分に素直になってみる

そこでまた登場するのが、逆算手帳などでもおなじみの「WISH LIST」。

環境や金銭面や時間の制限など一切脇に置いておいて、今自分が本当にやりたいことや夢などを思いつくままに書き出すこと。

 

何度もここでも書いてる気がしますが・・・・

これが・・・・・・・苦手なんだよねぇ!!!!!

 

このWISH LISTが、ブログに何を書いたら良いのかわからない病と直接関係があるかって言ったらないと思うけど、すぐ「~するべき」っていう世間の常識に当てはめたがるメンタルの矯正にはなりそうだと思っています。

自分のやりたいことに素直に向き合えるようになるといいなぁ、と。

 

そもそも‘世間の常識’ってなんぞや?

最近、思うんだけど自分が「これが世間の常識だ」と思って生きていたとしてもそれが本当に「世間の常識」かどうかなんて実はわからない。

会社で性格がキツめの女性が2人いる。それぞれタイプの違うキツめ。

けど、彼女たちの言う事自体はそんなに間違ってない。正しいんだけど、言い方とか相手の都合とか色々あるじゃん?っていうグレーゾーンがないだけ。白か黒!!みたいな。

 

それってどっちが正しいってことはないはず。その人それぞれの考え方の違い。相手の受け取り方の違い。

だとしたら、自分の考えならそれを信じても別に良いじゃんね、と思った。

きっと世間的には・・・と無難な方を選んだつもりでも全員にとっての常識なんてないんだし。

 

会社に雇われてる身なので、仕事に関することはもちろん自分本位ではなく会社の方針というか上司の意見に従うところが大きいですけど、私生活のことならっもっと自分の心に素直になってみよう!と改めて思いました。

 

結局何が言いたかったのかというと・・・・

一体何の話してんだ?!状態になってしまいましたが(^_^;)

つまり、

  1. このブログももっと気楽にいろんなことを書いていきたいってこと
  2. やっぱりここはひとつ、やりたいことリスト(WISH LIST)から逃げずに向き合ってみよう
  3. 自分のわくわくすることを見つけよう
  4. 選択肢にぶつかったら自分のわくわくに素直にしたがってみよう

 

こんなことを思ったので、ブログ更新がなかなかできなかったリハビリを兼ねてアップしてみました。

まったりペースになるのか急にせかせか更新するのかわかりませんが、心はいつでもマイペースに。

 

そんなブログですが、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

スポンサーリンク

-雑記
-

Copyright© ことり屋クラブ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.