旅ブログ 雑記

■ライブ遠征で夜行バスのメリットとデメリット

更新日:

スポンサーリンク

ライブ遠征にあたって私が一番多く使うのは【夜行バス】です!朝の早い時間に着くからホント好き。

ライブに限らず、私が応援しているサッカーチームがガンバ大阪なんですけど、一時期は自由席(チャントとか歌って応援するいわゆる「ゴール裏」というあの席)の年間パスポートを持っていたのでよく夜行バスで通ってました(笑)自由席って朝から並ばないといけないから新幹線とかじゃ遅すぎなんですもの・・・。

東京から大阪の千里中央というとこまで出てる夜行バスに乗ると、千里中央駅からガンバ大阪のスタジアムまでモノレールですぐだからとても楽!・・・今は関係ないか、この話題。

 

夜行バスでの旅

私そもそも夜行バスとか長距離バス自体が結構好きで、旅してるぜ感が出てる気がしてわくわくするんですよね~。現実問題、腰が痛くなって無理とか車酔いするから無理っていう人もいるんだろうけど私はまったくそんなことないのでありがたいです。

 

お金の安さを取れば夜行バスなんですが・・・。

夜行バスもいろいろあって、東京~名古屋あたりまでなら‘最安値’といわれるやつでも問題は無いのかもしれないですが、大阪までとかそれ以上になると最安値で行くとそこそこしんどいかも?名古屋でだいたい6時間くらい、大阪でだいたい8時間くらいかかります。

安いバスって、4列スタンダードというのが普通で、それっていわゆる普通のバスなわけで、隣に座る人がいるのでその人がどんな人かとかにかなり左右されます・・・。

もちろん、女性のとなりにいきなり男性が座る!なんてことはないのですが、よくいるのが大荷物を座席に持ち込んでギューギューにする人とか、寝ててこっちに寄りかかってくる人とか、足がくs・・・・とか(笑)

 

夜行バスを友達と二人で利用するなら、座席も交代しながら座れますけどひとりで利用してて隣に知らない人が来る場合、自分が窓側の席なのか通路側の席なのかも結構ハラハラします。

でも、それもどっちもどっちで、窓側が絶対良い!とも言い切れず、通路側に大荷物でガーガー寝てる人がいたりするとSAでトイレとか行きたいのに行きにくい・・!という事態もかなりあり得る。私は意外にも気ぃ遣いなので、たたき起こして外出てみたいなことは結構気にしちゃうほうなので結構つらい。

 

そっと起こして、申し訳ない気持ちでトイレに行ってバスに戻ってくるとまたすっかり熟睡してしまっていてまた起こして席に戻るなんてことも。

逆もまたしかりで、自分は今回トイレ休憩はいいや~って思ってても「隣の人はいくのかしら」と気を遣ったりもします。

 

夜行バスのメリット

・価格が比較的安い

・基本的に寝て起きたら着いてて楽ちん

・サービスエリアとかも楽しい

・朝早く着くので自由時間が多い

・帰りの夜行バスの場合も遅い時間に出発のものを選べる

 

バス移動が苦ではない人なら安くてとてもいいです。

例えばライブ遠征でライブが普通に夜の公演だとして、行きは新幹線で行って帰りを夜行バスにすれば地域によって差はありますが大阪発の東京行きとかだと遅いもので24時30分発のバスとかもあったと思うのでライブ終わりでも慌てて帰ることもないです。

アンコールの途中なのにもう最終の新幹線出ちゃうから帰らなきゃ(泣)ということも回避しやすいかな?もっと遠い地域になると最終の発車も早い時間になってくるのでよく時間を調べておく必要があります。

 

 デメリット

・ひとり旅だと隣の人によって左右されやすい

・消灯したらスマホとかもう触れない

・腰が痛くなる?

・車酔いするとつらい?

・眠れなかったら旅先でつらい

 

私は腰痛とか車酔いとかの経験はほぼ無いのでここに関しては想像ですが、腰痛に関してはゆったりシートのバスとかを選ぶことで結構楽になるんじゃないかなぁ?とは思います。車酔いは・・・うーーーん。

酔い止めをあらかじめ飲んでおくといいとかってどこかで読んだ気もするんだけど、私自身酔い止め薬を人生で1度も飲んだことないのでこの辺はちょっとわからないです、すみません。

 

消灯したら休憩時間までスマホとか触れなくなります。LINEとか来た気配があっても読めない、気になる・・・!って方は電源を切っておくか機内モードにしておきましょう(笑)私はSAでのトイレ休憩のときにツイッターとかLINEとかをダ~~ッとチェックしますw

 

まとめ

夜行バスでの旅行は楽しいです。

旅行がっていうか、夜行バスで移動することがそもそも楽しいです♪

でも、バスとか車が苦手な人なのにお金の都合や時間の都合でやむを得ず・・・という方は多少荷物になっても腰痛防止のクッション的な(ちょっと大きめのタオルをくるくる丸めて腰に当てるだけでもだいぶ楽です)ものとか、酔い止めの薬を用意しておくとか、準備を万端にして行った方がいいですよ!

それこそ、万が一体調が悪くなった時のためにトイレ付のバスを選ぶとか。

当日、スタッフの人に「車酔いするかもしれない」と一言伝えておくのもいいと思います。

 

夜行バスでのメリット・デメリットでした!なにか思いついたことがあれば随時追記していきたいと思います★

ではでは!!

 

スポンサーリンク

-旅ブログ, 雑記
-, , ,

Copyright© ことり屋クラブ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.