手帳 手帳の使い方

昔の自分で知る本当の自分と、苦手だった「夢を叶える系手帳」があながちウソじゃないかも?と気づいた話

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは。こないだ自分の部屋の大掃除、というか大断捨離をしたのですがどうしても捨てられなかったもののなかにはやっぱり【手帳】があります。毎年手帳ジプシーと化して何冊もの中途半端な手帳があるので今の一人暮らしの部屋に持ってきている手帳ですらそこそこの冊数があります(^_^;)

 

「どうせ中途半端だし、思い切って捨てちゃおうか」と思ってみたのですがペラペラと見返すとこれがやっぱ「捨てられん!!」。

 

自分が忘れていた「自分」

ホントに最近の手帳はまぁまぁこんな感じだったよね。と思えるんだけど、数年前まで遡ると目からうろこが滝のように・・・!!

そこには自分でも忘れていた自分がたくさんいました。

 

ああ、この頃は●●さんが好きだったころか・・・(苦笑)とか思いつつも、毎日楽しそうな過去の自分。

ライブに行く日にメンバーの誕生日があると何日か前から「何をプレゼントしようか?」とか悩んでいる様子とか(結局、くす玉持参でご本人に割ってもらって笑われた模様・・・)小さいイベントごとでもあれこれ楽しくするように模索してることとか今ではすっかり忘れてた感覚でした。

 

メンバーのご本人にくす玉を割らせる、なんて今じゃ思いつきもしないし過去にそんなことしてたなんてすっかり忘れてたwww

手帳を読んだら「あー、あったあったそんなこと!!」と鮮明に思い出しましたけども。良くも悪くも←

過去の自分を見て今の自分も変わる

くす玉事件(?)の問題もそうだけど、それ以外にも今じゃ思いつきもしない毎日を送っていた過去の自分。

今じゃ思いつきもしないけど、確実にそれはわたし自身のことであり、そんな時期もあった。

そしてそんな毎日の先に今のわたしがいるわけです。

 

ということは、今の私の中にもそんな破天荒な自分がいるんだよなぁ~という不思議な感覚だったりします。

いつの間にか「変に目立ちたくないから」とか「はしゃいでる歳でもないし」なんていう理由で押さえてきたであろう部分がすり減っていってすっかり丸くなってしまったようです。

 

最近ずっと思ってることで「毎日おもしろいことないなぁ~」っていうのがあります。

同じ毎日の繰り返しで手帳に書きたい出来事もこれといってないし、う~んって。

 

でも昔の手帳を見てみると、毎日ホントに楽しそう(笑)

単に今より若いってのもあるだろうけど、それ以上に【過去の私は自分でおもしろいことを作っていた】ということ。

 

これはかなりの発見でした!!!

 

毎日は自分で作るもの

楽しい毎日にするのも、つまんない毎日にするのも自分次第ってことを教えてくれた過去も自分。

最近の毎日がつまらないのは、環境のせいだとか歳のせいだとか思ってたけどいつの間にか出来事に対して受け身状態になってる自分のせいでした。

そりゃそうだよね、会社と家の往復だけして休みの日もたいして外出もしないで家でゴロゴロしてたらおもしろいことが起こるはずもない(笑)

 

これからは実際にできる・できないは置いておいて、あとこんなことしたらスベるかな・・・?とかビビらずに←

自分が楽しそうだ!!と思ったことはどんどんやってみようと思いました!

できる・できないはやってる途中で壁にぶつかるとかして判明して、できないこともあるんだろうけど最後まで達成しなくたって「楽しそう」なことに手を付けただけでもじゅうぶん楽しいと思う。

 

苦手だった「夢を叶える!系手帳」

手帳の未来のページに夢を完了形で書き込むと不思議と叶う!みたいな手帳術がありますよね。

実は私、それ系の手帳術が苦手でした。

 

夢と言えば途方もない夢が多いし、手帳に書いたからって叶うわけないじゃんって。

きっと手帳の先のページに夢を書いたところで実際にその日が来た時に実際の自分の立ち位置とのギャップに打ちひしがれて虚しくなって終わるのが目に見えてるわ。と、やる前からとことんネガティブ状態。

 

今ならなんとなくわかるかもしれない。

大それた夢とかそうゆうのもありだけど、それよりも「こんなことが起こったらきっとうれしくて楽しい!」っていう【ちょっとしたこと】でいいんだと思う。

 

自分で未来に予約した「楽しいこと」をひとつひとつ実行できて、叶えていくうちにその叶えていく時のわくわくの味をしめることで、途方もない夢だって1歩1歩あがっていけるような気がしてます。

 

「書けば自然に叶う」はあり得ないけど

もちろん、手帳に書くと自然に叶っちゃう!っていう言葉だけを切り取るとなんだか胡散臭いスピリチュアル系な話のような感じもするけどそうじゃなくて。

 

なんやかんや、行動するのは自分。

「楽しい瞬間」を過ごせそうな日を見つけて、手帳に「こんなことをしたい、楽しそう」なことを書く。

そうしておかないとうっかり間に合わなくなっちゃったりするのかな?と思うのです。

 

例えば友達の誕生日にサプライズで何かしたら楽しそう!って思ってても、何気なく毎日を過ごしていたら「あ、誕生日明日じゃん!!今からじゃ何もできん!」と普通にごはんを食べるだけ、とか。

 

そういえば昨日のこのイベント行けばよかったな~とか。

そうゆう細かいひとつひとつの取りこぼしが「なんだかおもしろくない毎日」を作っているような気がする。

 

だから「やりたいこと」を未来のページに書いてしまうのが効果的だってことがすごくよくわかる。

取りこぼしを減らして楽しい出来事が増えるとそこからまた1歩進んだ「やりたいこと」が生まれていく。

 

きっとこうゆうことなんだろう。実際、知らず知らずに10年前の自分はそうやって楽しい1年を作っていましたし。

昔の自分に習って、楽しいことを量産する毎日にするぞ!と決意したのだった。

(少しリハビリが必要かもだけどw

 

読んでくれてありがとうございます。では、また!

 

スポンサーリンク

-手帳, 手帳の使い方
-, ,

Copyright© ことり屋クラブ。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.